異物を飲み込んだ場合〜赤ちゃんの救急について〜

妊娠、出産から育児まで
子育て、育児を支援する情報サイト

 子育てまっぷ
 子育てには、様々な疑問、悩み、トラブルがつきものです。
 
赤ちゃんのけがやトラブルの救急について解説しています。
     
子育てまっぷトップ > 赤ちゃんの救急 > 異物を飲み込んだ

異物を飲み込んだ 飲み込んだのは何か?
異物を飲み込んでしまったときには、飲んだものによって対応が異なってきます。吐かせると喉の粘膜を傷めたり、肺炎をおこしたりする場合があるので、注意が必要です。いずれにしても、至急病院へ連絡を!
意識がない、吐く すぐに救急車を呼んでください!
吐いたときに詰まらせないように、顔を横に。
呼吸がないときは、人工呼吸を!
意識がある 吐かせるもの
タバコ、医薬品、アルコール、ボタン電池など
様子をみるもの
マッチ、芳香剤、粘土、クレヨン、口紅など
吐かせないもの
除光液、シンナー、漂白剤、画びょう、トイレ用洗剤、殺虫剤、ガラスなど

 至急病院へ連れて行くケース
タバコ 画びょう、針など ボタン型電池

指でかき出し、水を飲ませて、吐かせます

量が多いとか、吸いがらの入っていた水やジュースなどを飲んだときは、すぐ病院へ。

何もせず、すぐ病院へ

とがったものは、腸管に穴をあけてしまうことがあります。飲んだと思ったら、何もせず、同じものを持参しただちに病院へ。

すぐに病院へ

便といっしょに出てくることも多いものの、胃や腸にとどまって科学熱傷や組織腐食を起こしてしまう危険も。
シンナー、除光液など 住宅用洗剤 漂白・台所用洗剤

何も飲ませず、吐かせず、すぐ病院へ

量を飲んだら水など何も飲ませないで、そのまま至急病院に連れていきましょう。
吐かせて、灯油などが気道に入ると大変危険です。

ミルク・牛乳を飲ませて、吐かせずに病院へ

吐かせると食道やのどの粘膜を再度傷つけてしまいます。胃の粘膜を保護するためにミルクなどを飲ませ、至急病院へ。

水を飲ませて、吐かせずに病院へ

飲んだ場合は、吐かせると食道やのどの粘膜を再び傷つけてしまいます。水を飲ませ、吐かせずにすぐ病院へ。
しょうのう・ナフタリン 大人用の薬 香水

水を飲ませて、すぐ病院へ

防虫剤の中でも、和服用のしょうのうなどはとくに危険です。水を飲ませて、すぐ受診を。飲んだものは忘れずに持参します。母乳・ミルクや牛乳は飲ませないで。

水を飲ませ、吐かせてすぐ病院へ

薬により危険度は違いますが、まず吐かせて、飲んだ薬を持って病院へ。とくに精神安定剤、降圧剤、強心剤などは赤ちゃんには危険です。

水を飲ませて、吐かせる

主成分は毒性のないアルコール類であるものの、大量に飲むとアルコール中毒を起こすことも。
 様子を見るケース
石鹸、シャンプー 化粧水、口紅など クレヨン

水を飲ませて様子を見る

とくにポンプ式だと、赤ちゃんでも中身を出しやすいのですが、ほとんど危険はありません。変わった様子があれば、念のため受診を。

様子を見る

ほとんどの場合心配ありません。
エタノールを含むものを大量に飲むとアルコール中毒を起こすこともあるので、様子がおかしいと思ったら受診を。

様子を見る

一般の子ども用はJIS規格による安全性が厳しく、問題ありません。
ただ、大人や専門家が使う画材、海外の安価なものは注意を。水を飲ませて様子を見て。
中性洗剤 硬貨、コイン おもちゃなど

水を飲ませて吐かせ、様子を見る

食器を洗う一般的な中性洗剤は、ほとんど危険はありません。濃縮タイプをのんでしまったら、変わった様子があれば受診します。

詰まっていたら吐かせ、飲み込んでいたら病院へ

のどに詰まったらすぐに吐かせます。飲み込んだ場合、たいてい便とともに出てきますが、食道でとどまることもあるので、念のため受診を。

詰まっていたら、吐き出させる

のどに詰まったら、吐かせます。飲み込んでしまっても、たいていは便をともに出てきますが、食道内にとどまっている場合もあるので、念のため受診を。
 中毒110番 (財)日本中毒情報センター
大阪中毒110番 TEL 0990−50−2499 24時間年中無休
つくば中毒110番 TEL 0990−52−9899 9時〜21時
※常時薬剤師が待機して、アドバイスしてくれます。
異物誤飲(石ころやビー玉など)、食中毒、アルコールなどによる慢性中毒、常用量での医薬品の副作用などの相談は受け付けていません。また、電話をかけても話し中のときは、誤飲したもののラベルを確かめ、メーカーに直接問い合わせても。
たばこ専用電話 TEL 072−726−9922 24時間年中無休
※テープによる情報提供